看護部紹介このページを印刷する - 看護部紹介

挨拶

高知病院のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。

「ここでよかった」と言ってもらえる看護

 高知病院は、地域の急性期医療とセーフティネットである重症心身障害を持つ方々の医療を担っております。看護部は、病院の基本理念である、心のこもった医療を行い地域に信頼される病院であることを大切にして日々の看護に取り組んでおります。
 看護実践においては、医療の高度化・複雑化や、新型コロナウイルス感染症の影響などに伴う医療の変化に対応できるよう院内外での研修・研究に参加する機会を設け、習得した新しい知識や技術をスタッフ間で共有することを大切にしております。また、看護師特定行為の実践体制を整え、患者さん一人ひとりの生活の質を重視した看護に取り組むことで、常に医療の中心は患者さんであることを意識した、優しい看護を目指しております。

看護部長

活気ある職場づくり

 仕事(看護)をするうえで大切なのは、誇りを持ち、やりがいを持って働けることです。私たち看護職は、患者さんに看護サービスを提供する中で、患者さんから「看護を続ける力」「学習する力」を育ててもらっています。
 患者さんにとって、最も望ましい状況」を常に追求し、専門職として学び、喜び、やりがいに繋がることが大切です。患者さんと医療従事者、医療チームの風通しの良いコミュニケーションと信頼関係が、活気のある職場づくりの基盤となっています。

共に育ちあう組織

 新人教育体制は、プリセプター・サポートナース、ジェネラリスト、看護管理者が、サポートする屋根瓦式教育体制です。細かなOJT計画により無理なく経験が積み重ねていけるようプログラムされています。また、いつでも相談ができるよう教育担当師長 を専従にしており、相談しやすい体制を整えています。
 国立病院機構看護職員能力開発プログラムに沿って、自律的に実践能力を育成する教育体制を構築しています。専門職として看護実践するために、フィジカルアセスメント・概念化スキルの向上をめざし教育プログラムを組み立てております。当院は、新人の方々だけでなく、新人を取り巻く周囲のスタッフ、管理者が共に成長できる組織を目指しています。

令和4年4月
看護部長
樋口 智津

理念・基本方針・目標

Change Challenge Action
理念

生命の尊厳と人権を守り、
看護者として責任を持った看護を実践します。

方針
  1. 患者や家族の意志を尊重し納得と信頼を得る看護を実践する。
  2. 専門職として責任ある看護を実施し、地域から信頼される病院となるために貢献する。
  3.             
  4. 病院運営に積極的に参画する。
目標
  1. 患者・家族の視点を尊重した安全で責任のある優しい看護実践を行います。
  2. キャリアラダーを活用し、専門職としての能力開発に取り組みます。
  3. 地域のネットワークを活用し、地域社会に貢献します。
  4. 災害拠点病院としての役割が果たせるよう貢献します。
  5. 看護職員としてやりがいを実感できる職場環境を構築します。
  6. 病院運営・経営に貢献します。
  7.             
  8. 看護学生の実習環境充実に取り組みます。

看護体制・勤務体制・看護方式

看護体制

患者さんが安心して医療・看護が受けられる体制を整えています。

一般病棟・結核病棟                  7対1
HCU                          4対1
NICU                         3対1
重症心身障害児・者病棟(障害者施設入院基本料)    7対1

勤務体制

3交代勤務     日勤:8時30分~17時15分
          準夜勤:16時30分~1時15分
          深夜勤:0時30分~9時15分

看護提供方式

固定チームナーシング

個々の患者に対して受け持ち看護師が入院から退院まで責任を持ち看護を提供することをチームで支援する。
小グループ活動を通し、看護の質向上など年間目標に向けて看護活動を行う看護提供方式である。

委員会活動

チーム活動

認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師 看護師長 篠原 理佐

皮膚・排泄ケア認定看護師 篠原理佐 

 皮膚・排泄ケア認定看護師の役割は、ストーマ造設患者さんや褥瘡やスキンテア、失禁に関連した皮膚トラブルのある患者さんへのケアの実践とスタッフへの指導、相談があります。毎月一回の褥瘡対策委員会は、患者さんが予防的・治療的スキンケアを受けることができることを目標として、多職種と協働しています。褥瘡予防に必要な体圧分散寝具などの整備や研修会を企画し、実践力の向上に努めています。創傷管理や排泄管理を必要とする患者さんは、心理的・身体的・社会的問題を抱えていることがあります。お話を傾聴し、病状に応じた自己管理が行えるようにケア実践を行い、患者さんとご家族に寄り添うことを心掛けています。 

皮膚・排泄ケア認定看護師 副看護師長 竹長 幸子

皮膚・排泄ケア認定看護師 竹長幸子

 褥瘡・ストーマ・失禁ケアの必要な患者様へ専門的な知識と技術を基に、質の高いより良い看護を受けられるよう活動しています。
 当院は、WOCNが2名おります。私たちは、ケアの必要な患者さん・ご家族へ入院前から入院中、退院後も関わっています。また、転院された患者様へも、地域の病院と連携を取りながらケアやご相談を行っています。

がん薬物療法看護認定看護師 看護師長 岸田 恵

福岡 化学療法認定看護師

 がん化学療法看護認定看護師ですが、現在は看護師長として病棟管理を行っています。そのため、患者様やご家族の方に直接看護する機会は少ないです。しかし、がんの治療はチームでの関わりが重要です。患者様やご家族の方が安心・安全・確実な化学療法が受けられるように、意思決定支援や個別性のある症状マネジメントが実践できるよう多職種とも連携を図り、チームの一員としてスタッフの支援を中心に活動を行っています。
 患者様・ご家族へより良い看護の提供ができるようスタッフ一同、日々努力していきたいと思います。
 

がん薬物療法看護認定看護師 看護師長 山本美恵

福岡 化学療法認定看護師

 現在は、病棟看護師長として主に病棟で活動しています。がん治療が安全・確実に実施できるよう、支援を行っています。また、治療前・治療中・治療後の患者さんやご家族からの相談に対し、精神的支援や意思決定支援も行えるよう、病棟・外来看護師や多職種での連携が図れるよう努めています。がん治療は、今後も進化し続けていく中で、患者さんやご家族への支援を行えるよう自己研鑽に努めていきます。
 患者さんご家族へより良い看護の提供ができるようスタッフ一同、日々努力していきたいと思います。

がん薬物療法看護認定看護師 福岡 美恵

福岡 化学療法認定看護師

 がん化学療法看護認定看護師として、主に外来で活動をしています。近年のがん薬物療法は、新規薬剤の登場も多く、薬剤の種類や副作用の多様性から投与管理や副作用管理はより複雑化している現実があります。
 治療を受ける患者さん・ご家族がいつもの生活を送りながら、内服管理・副作用に対するセルフケアはもちろん、治療の意思決定支援にも重点を置き、看護スタッフや多職種と連携し、より良い看護の提供や支援に努めています。

感染管理認定看護師 副看護師長 河村 ひとみ

河村 感染管理認定看護師

 感染管理認定看護師として、患者さん、ご家族、医療従事者、学生など医療現場に関わる全ての人を感染から守るための組織横断的な活動をしています。また、医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師、事務職で構成されるICT(Infection Control Team 院内感染対策チーム)の一員として、院内感染に関するデータ収集・分析、現場での感染防止対策・技術の提案や教育など、院内感染制御のための様々な活動を行っています。

がん性疼痛看護認定看護師 副看護師長 長浦 英世

長浦 癌性疼痛認定看護師

 当院では、主に、緩和ケアチームの専任看護師として活動しています。がんの苦痛は身体的な苦痛だけでなく、精神的な苦痛や社会的な苦痛、また、霊的な苦痛も影響しているといわれています。患者さんの身体だけでなく、その背景も視野にアプローチすることを意識し関わっています。なお、がん相談員としても活動していますので、お気軽にお声を掛けてください。

 

認知症看護認定看護師 福留 可純

福留 認知症看護認定看護師

 日本では、2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になると言われています。 認知症看護では、できなくなってしまったことに目を向けるのではなく、できることは何か、笑顔でいられるためには何が必要かを、家族や関わる人々と共に見つけ出すことが大切になります。 安心して治療を受けることができ、1日でも早く笑顔で元の生活に戻れるよう支援していきます。ご本人は勿論、ご家族からの相談も受け付けておりますので、何か気になることがあれば是非ご相談ください。

看護の業績

関連リンク

ページトップへ