教育体制についてこのページを印刷する - 教育体制について

看護教育体制

国立病院機構看護職員能力開発プログラム、Actyナース Ver.2に基づき看護教育を実施しています。
看護師の臨床実践能力の階段を5つのレベルに分け、各レベルに沿って教育支援を行っています。
高知病院で働く看護師一人ひとりが成長できるよう個々の成長にあった支援体制を整えています。
また、主体的に目標に向かって継続的に学び続けられ、自律した看護師に向かっていくことを目指しています。

屋根瓦教育体制

屋根瓦教育体制
レベル1

看護実践に必要な基本的能力を習得する。

レベル2
  1. 根拠に基づいた看護を実践する。
  2. 後輩と共に学習する。
レベル3
  1. 個別性を重視した看護を実践する。
  2. 看護実践者として、後輩に支援的役割を果たせる。
レベル4
  1. 後輩の学習を実践する。
  2. チームリーダーとしての役割行動がとれる。
レベル5

専門性の発揮、管理・教育的役割モデルとなり、研究的に取り組む。

看護職員の能力開発(研修)体系図

看護職員の能力開発(研修)体系図
【▲ 画像クリックすると大きな体系図が表示されます】

研修

実施した研修の状況報告

新人研修

  • 新人研修01
  • 新人研修02
  • 新人研修03
  • 新人研修04
  • 新人研修05
  • 新人研修06

新人教育プログラム

新人教育プログラム

学生受入(実習指導)

学生受入
看護専門職業人として看護活動を創造的に行うことができる看護師をめざし、学校で学んだことを臨床現場で体験することで看護師に必要な知識や技術を向上できるよう学生指導に取り組んできます。看護する楽しさや喜びを体感し、学生と共に学ぶことで自らの看護実践や看護観を振り返り自己の成長につなげます。

▶ 高知病院附属看護学校のページへ