臨床研究部このページを印刷する - 臨床研究部

臨床研究部について

診療現場の中から診断や治療に結び付くヒントとアイデアを見つけ出し、より優れた診断法や治療法を作り出していきます。
臨床研究部画像01

臨床研究部構成メンバー

リウマチ研究室長
副院長:篠原 一仁
臨床疫学研究室長
統括診療部長:井上 修志
治験管理室長
臨床研究部長:篠原 勉
免疫機能研究室長
アレルギー科医長:町田 久典
アレルギー研究室長
小児科医師:小倉 由紀子

臨床研究部とは

「臨床研究」の目的は、倫理性と科学性を確保しながら、より良い医療を提供するための優れた治療法や診断法を作り出すことです。私たち医師は、患者様の診療現場の中から様々なヒントとアイデアを見つけ出して、医療水準の向上に結び付けようと努力しています。

国立病院機構の臨床研究部門では、その全国ネットワークを利用して色々な大規模臨床研究を進めていて、外部からも非常に高い評価を得ています。当院の臨床研究部は呼吸器疾患や免疫異常、がん、骨・運動器疾患、消化器疾患などの分野で高い研究実績を有し、現在も機構内外の施設と共同研究を継続しています。

患者様には説明と同意のうえで、倫理委員会や治験審査委員会で承認された臨床研究への参加および臨床検体(血液・組織等)の提供をお願いすることがあります。個人情報の保護も適切に行いますので、ご協力をお願い致します。

臨床研究部画像02

研究概要

1. 気管支喘息 (成人)

気道構築細胞を用いた分子細胞学的および分子遺伝学的実験と多くの患者さんから得られる情報の処理により、気道炎症・リモデリングの病態解明とより優れた治療法の開発を目指しています。

2. 気管支喘息(小児)

ダニ抗原除去の重要性の啓蒙と除去のための具体的指導を行い、患者さんのQOLの向上を図っています。また乳幼児喘息に対して、アレルゲン除去による早期介入の臨床効果を検証します。

3. アトピー性皮膚炎

的確なアレルゲン診断に基づいたアレルゲン除去による治療を行い、根治療法を確立します。

4. 食物アレルギー

アトピー性皮膚炎患者さんに対する経口誘発試験が可能です。また、食物アレルゲン負荷前後のリンパ球表面マーカーの発現および細胞内サイトカイン濃度を測定することによる覆面型食物アレルギーの病態解明を目指しています。

5. 花粉症

連日行っている花粉飛散数算定のデータをホームページ上に公開すると共に他施設とのネットワークによる情報を公開しています。花粉データベース検索機能が追加され国立国会図書館データベースナビゲーションサービスにリンクされました。

6. 慢性関節リウマチ

滑膜細胞を用いた分子細胞学的および分子遺伝学的実験と多くの患者さんから得られる情報の処理により、その病態解明と治療法の開発を目指しています。

7. シックハウス症候群

化学物質過敏症の特殊外来を設置しています。また、県の衛生研究所や保健所との共同作業として、患者さんの自宅などの化学物質濃度の測定も可能です。

8. 腎疾患

免疫組織学的手法により、IgA腎症などの慢性糸球体腎炎に対する病態解析や胎児腎および胎児糸球体の発生機序の解明に取り組んでいます。

9. 癌と免疫異常

癌組織やリンパ球の表面マーカー等の発現について分子生物学的研究を行い、発癌や転移のメカニズム解明と治療法の開発を目指しています。

10. 治験

治験管理室の機能を最大限に発揮して、質が高く迅速な治験が実施できる施設として依頼者から高い評価を得ています。

公的研究費の不正使用防止への取組

公的研究費の取扱いに関する規程・規則等

研究活動に係る不正行為の取扱い

公的研究費の取扱いに関する業務マニュアル