看護活動このページを印刷する - 看護活動

産科情報まんさい

産科情報まんさい

がんサロン

サロン希望のご紹介

当院では8月を除く毎月第3木曜日14時から15時、7階レストラン横でがんサロンを開催しています。がん闘病中の悩みや、経験者の話を聞くこと・互いの情報交換などの場として、またおしゃべりの場として皆さんにご利用いただいております。
また、当院のがんサロンの特徴に「ミニレクチャー」があります。医師や、専門職による30分程度のレクチャーは毎回好評をいただいております。
当院受診の有無も問いません。また、患者様、ご家族、ご友人どなたでも参加できますのでぜひお越しください。

pdf サロン年間報告

問い合わせ先:地域医療連携室・がん相談支援センター 088-828-4465

ふれあい看護体験

  7月31日、毎年恒例となった「ふれあい看護体験」を行いました。今年も 県内7校から19名の高校生が参加しました。

 

  夏真っ盛りの暑い中、おそろいのTシャツに着替え始まりました。病院の概要、感染対策についての講義後、手洗いを実践して手指衛生の重要性を学びました。そしていよいよ看護体験のため看護師と共に各病棟へ! お互いにバイタルサインを測定しあったり、患者様のベッドメーキングや手浴、足浴を行い、車いすやストレッチャーでの移動体験をしました。患者様から「ありがとう」と声を掛けていただき緊張がほぐれ、学生さんたちからたくさんの笑顔が見られました。午後からは病院内を案内しました。普段見られない薬剤科、検査科、リハビリ科を見学し楽しいイベントとなりました。その後学生さん同士の意見交換会では「大変だけどやりがいが感じられる」、「スタッフがみんな笑顔で良かった」などの感想が聞かれました。また、「看護はコミュニケーション力、マネジメント力が大切だ」との意見があり、学生さんたちの将来が楽しみになりました。

 学生さんたちは体験に参加されることで将来の夢を現実的に捉えられるようになり、私たちスタッフはより良い刺激を受け、お互いにとって有意義な時間となりました。これからも楽しい看護体験ができるように考えていきます。また来年お待ちしております。
 

ふれあい看護体験1
ふれあい看護体験2
ふれあい看護体験3