薬剤部このページを印刷する - 薬剤部

薬剤部

薬剤部は、調剤室、注射室、無菌調製室、医薬品情報室、製剤室などで構成されており、
チーム医療の一員として患者さんに最も適したお薬が効果的に使われ、質の高い薬物療法を受けられるように医薬品の品質、有効性及び安全性の確保に努め、適正に使用していただいくための役割を果たしています。お薬について、わからない事やお聞きになりたいことがありましたら、薬局窓口にてお気軽に声をかけてください。
また、最新の知見を得るために学会参加を推奨し、各種専門・認定薬剤師の育成支援など、職員の教育研修、ならびに薬学生の長期実務実習の受け入れも積極的に受け入れ、教育研修に力を注いでいます。
 

薬剤師の業務内容

薬剤部では、次のような業務を行っています。

1.調剤業務

患者さんが病院で薬を受け取る、あるいは注射や点滴をするといった時、医師が診察した後に「処方せん」を出し、それに基づいて薬剤師が薬を取り揃えるといった基本的な流れがあります。ここでの、処方せんに基づいた薬の取り揃えから実際に薬をお渡しするまでの流れを「調剤」といいます。単に処方せんどおりに薬を準備するのではなく、薬の量や飲み合わせ、飲み方や使い方が正しいかどうかのチェックも行っています。 当院では、外来患者さんには原則として院外処方箋を発行しており、入院中の患者さんの調剤を中心に行っています。
 

薬剤室01 薬剤室02

2.医薬品の情報管理業務

医薬品の最新情報、医療安全情報、副作用情報、プレアボイド報告などの医薬品関連情報を収集・評価・管理し、医療従事者や患者さんへ発信することで、医薬品適正使用の推進を図り、最新・安全・最良の医療を提供しています。
 

3.調製業務

治療に必要な薬の中には、市販されていないものや、いくつかの薬を混ぜて使用するものがあります。また、雑菌のいない状態(無菌状態)で混ぜるべきものや、特殊な設備の中で混ぜないと危険なものもあります。そのような場合に、薬剤師の専門性を活かし、薬学的・物理化学的な知識や技術を用いて行う重要な業務の一つが製剤業務です。薬局には、こういった薬の調製に必要な専用の設備があり、そこで調製を行っています。
 

4.服薬指導業務

薬剤科の写真3
薬を安全に効果的に使うためには、正しい量を正しい方法で使う必要があります。 そこで、入院されている患者さんのところへ薬剤師が直接訪問し、薬の効果、 副作用、使用方法などの説明を行っています。また、患者さんが使用している薬の履歴を把握して、薬の重複や飲み合わせのチェックも行っています。
 

5.医薬品管理

医薬品の使用期限のチェック・品質管理や必要量に合わせた適正な在庫管理を行っています。
 

6.チーム医療

栄養サポートや感染症対策、医療安全対策、緩和ケアなど医療チームの一員として参加しています。
 

7.資格・認定(R2.4.1現在)

○日本糖尿病療養指導士:1人
○日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム(NST)専門薬剤師:1人
○日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師:2人
○日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師:1人
○日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師:4人
○日本病院薬剤師会認定指導薬剤師:2人
○日本DMAT隊員:2人