消化器内科このページを印刷する - 消化器内科

概要

地域住民の皆様の消化器がんの早期発見・治療のため積極的に内視鏡検査を行なっております。
早期胃がん・早期大腸がんはお腹を切らずに内視鏡的に切除可能です。
また消化器がんの化学療法・放射線療法も行なっております。

外来診療

消化器外来
月曜から金曜日 午前11時まで受付
胃内視鏡検査
月曜から金曜日
腹部超音波検査
月曜から金曜日
大腸内視鏡検査
外来にて検査日を予約します。前日夜に下剤を自宅で服用します。

検査の受け方

胃内視鏡検査 腹部超音波検査を希望の患者様は朝絶食で当日9時30分までに消化器外来を受診してください。
検査当日はお茶や水など透明の液体は飲んでもかまいません。
血圧の薬は検査当日もはやめに服用してください。
抗血小板薬(血液をさらさらにする薬)を服用している場合はご相談ください。

病棟診療

専門医以上を中心に担当医師となり,さらに学生の指導・消化器分野を主とするレジデントや臨床研修医についても指導を行っております。

内視鏡

内視鏡室は2室あります。
最新型電子内視鏡システム及び経鼻内視鏡を導入し,質の高い医療を目指しております。
胆膵内視鏡は放射線室で施行しています。

上部消化管内視鏡検査・治療

胃の痛み、胃のもたれ、胸焼け、黒色便等の症状のある方や、ピロリ菌感染症(診断含め)、胃潰瘍や食道炎の既往のある患者様の検査です。
胃内視鏡検診・精密検査,食道がん・胃がんの内視鏡的切除,胃十二指腸潰瘍・食道静脈瘤など緊急の消化管出血の治療を行っています。

早期胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に施行しています。
これまでの方法より安全で確実ながんの切除が可能になりました。
最新型ハイビジョンカメラや特殊光(NBI)による拡大観察を導入し、より細かな観察が可能になりました。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)とは

(下図参照↓)お腹を切らずに早期がんを内視鏡で切除します。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

経鼻内視鏡検査

嘔吐反射の強い患者様は鼻からの胃内視鏡検査が可能です。
細い内視鏡(5mm)を鼻から挿入するため嘔吐反射などの苦痛が軽減されます。
ただし精密検査や治療には口からのハイビジョン内視鏡での検査が必要です。

経鼻内視鏡検査

下部消化管内視鏡検査・治療

便に血が混じる、検診で便潜血を指摘された患者様の精密検査です。
前日夜及び当日下剤を服用し肛門から内視鏡を挿入してポリープの有無など検索します。
大腸腫瘍に対するポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術(EMR ESD)を施行しております。
また,最新型Hi-visionカメラによる拡大観察も導入しております。
希望者には鎮痛剤・鎮静剤を使用しており、苦痛の無い快適な内視鏡検査を目指しております。

胆膵内視鏡検査・治療

胆石や腫瘍により体が黄色くなり(黄疸)、痛み、発熱を伴う患者様の治療です。
総胆管結石に対する内視鏡的乳頭括約筋切開術、結石砕石術,胆道悪性狭窄に対するステント留置術を中心に治療しております。

炎症性腸疾患

クローン病 潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患に対する治療です。
免疫抑制剤・ステロイド・レミケードなどの生物学的製剤の投与、LCAP(白血球を血液から除去する治療)療法を施行しています。

慢性肝炎 肝細胞がん

B型肝炎 C型肝炎 肝硬変 自己免疫性肝炎などの肝障害のある患者様の治療です。
インターフェロン療法,薬物療法(インターフェロンフリー療法等)。 肝組織に対する肝生検。肝細胞癌に対するラジオ波治療を行っています。
高知大学医学部消化器科、当院外科・放射線科と連携して診療しております。

その他の治療

腸閉塞に対するチューブ挿入術,胆嚢炎に対する経皮的ドレナージ術,閉塞性黄疸に対する経皮的ドレナージ術. 消化器外科と共同で治療します。
(肝腫瘍に対する血管塞栓術,胃透視,注腸検査は放射線科に依頼しております。)

常勤医師紹介

井上 修志
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会指導医
  • 日本超音波医学会指導医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本消化器がん検診学会指導医
池田 敬洋
  • 日本消化器病学会専門医
岡崎 潤
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内視鏡学会専門医
  • 日本内科学会認定医
笠井 昭成
  • レジデント