耳鼻咽喉科このページを印刷する - 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科について

耳鼻咽喉科は、首より上で脳・眼・歯・頸椎を除く幅広い疾患の治療を担当しております。聴覚、嗅覚、味覚、平衡覚などの感覚器、また呼吸、嚥下、発声など生命維持や生活の質向上に不可欠な器官を扱っています。対象年齢は新生児、小児、成人、高齢者と全ての年代にわたります。

治療対象となる症状:難聴、耳鳴、耳だれ、めまい、鼻閉、鼻汁、鼻出血、嗅覚障害、咽頭痛、咽喉頭異常感症、味覚障害、口や鼻のできもの、嚥下困難、発声障害、いびき、無呼吸、顔面麻痺、頸部腫瘤など

主な対象疾患:滲出性中耳炎、真珠腫性中耳炎、急性中耳炎、突発性難聴、メニエール病、良性発作性頭位めまい症、顔面神経麻痺、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、急性扁桃炎、急性喉頭蓋炎、声帯ポリープ、嚥下障害、頸部リンパ節腫脹、唾液腺腫瘍、頭頸部領域の癌など
地域の中核病院として、耳鼻咽喉科のどの分野においても標準的な治療を提供できるよう努力しています。耳鼻咽喉科のほとんどの疾患に対応可能ですが、さらに高度の医療を必要とすると判断した場合は、速やかに高知大学病院や高知医療センター、高知赤十字病院などに紹介させていただく連携も図っています。

診療内容

耳科:難聴、中耳炎、顔面神経麻痺、めまいなどの診断と治療

慢性中耳炎

難聴や耳漏を反復する場合、慢性中耳炎の可能性があります。鼓膜の穿孔(穴)があれば、手術により穿孔を閉鎖することが出来ます。鼓膜穿孔の大きさなどによって、鼓室形成術1型あるいは鼓膜形成術(接着術)などの手術治療を行っています。
慢性中耳炎
 
真珠腫性中耳炎
 
真珠腫性中耳炎とは鼓膜の周りの一部が陷凹して袋状になって中にかすが溜まってしまった状態を言います。時間がたつと真珠腫は徐々に大きくなり、まわりの骨を溶かしさらに大きくなる性質があります。ここに感染が加わるとなかなか治らない耳漏がおこったりします。真珠腫は放っておくとだんだん大きくなり、大きくなってからでは色々な合併症をおこす可能性が高くなります。真珠腫性中耳炎に対しては手術加療を行い、病変の完全除去と再発の防止、伝音再建を行っています。
真珠腫性中耳炎
 
良性発作性頭位めまい症
 
良性発作性頭位めまい症はめまいを引き起こす代表的な耳の病気です。じっとしている時はめまいは起こりませんが、寝起きや寝返り、洗濯物を干そうと上を向いた時や靴を履こうと下を向いた時などに数秒から数分のめまい発作が誘発されます。当科では眼振検査によって良性発作性頭位めまい症を診断し、可能な場合は耳石置換法という理学療法を行っています。

メニエール病

メニエール病の原因は内リンパ水腫であり、内耳の内リンパ腔が水ぶくれになることによって発症するといわれています。症状は反復する難聴や耳鳴などを伴う回転性めまいで、発作持続時間は1時間以上のものが半数以上です。メニエール病はめまい発作を繰り返すことにより次第に難聴が進行することがあります。そのためメニエール病の治療の目的はめまい発作を制御して内耳障害の進行を防ぐことになります。保存的治療としては内リンパ水腫を治療するため、利尿作用のある薬など数種類を使っています。急速に難聴が進む場合にはステロイドを使うこともあります。

鼻科:アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症、嗅覚障害などの診断と治療

アレルギー性鼻炎

花粉症や通年性アレルギー性鼻炎の治療として、抗アレルギー剤や点鼻薬による治療を行っています。スギ花粉症やダニアレルギーを認める患者さんには舌下免疫療法(スギ舌下錠、ダニ舌下錠)の導入も積極的に行っています(月1回の受診が3年間必要なので、ご希望があればかかりつけの開業医様に紹介することもできます)。重症のアレルギー性鼻炎の患者さんには、内視鏡下に後鼻神経切断術(経鼻腔的翼突管神経切除術)を行い、鼻汁分泌を抑制させます。薬の効きにくい高度な鼻閉に対しては、粘膜下下鼻甲介切除術や鼻中隔矯正術などの通気度改善手術も内視鏡下に行っています 。

慢性副鼻腔炎(ちくのう)

黄色くて臭いのある鼻水が続いたり、鼻づまりや嗅覚障害を認める場合、慢性副鼻腔炎の可能性があります。治療としてまずは抗菌薬や去痰剤、抗アレルギー剤などによる保存的な治療を行います。保存的治療では治りにくい場合に手術加療を相談しますが、以前のように歯茎を切る必要はなくなり、現在は内視鏡を鼻の穴から挿入しモニターで見ながら低侵襲の手術が行えるようになっています。好酸球性副鼻腔炎の患者さんが以前と比べて多くなり手術加療が必要な患者さんは多くなっている印象です。ちくのうが治りにくい場合はお気軽にご相談ください。

口腔咽頭科:扁桃炎、アデノイド、いびき、睡眠時無呼吸症候群などの診断と治療

睡眠時無呼吸症候群、アデノイド増殖症、口蓋扁桃肥大

睡眠中の頻回の無呼吸や低呼吸、いびきを認める場合に疑われます。日中の眠気や集中力低下の原因となります。一時的とはいえ全身が低酸素状態になるため、体への負担も大きな病気です。簡易睡眠検査(機器を持ち帰り自宅で就寝時に検査が可能)や終夜睡眠ポリグラフィー検査(一泊入院の詳しい検査)で診断します。一般的に言われている睡眠時無呼吸は「閉塞性」をさしており、鼻や咽頭が狭いことに起因すると言われています。鼻の通りが悪い場合は前述の投薬治療や通気度改善手術を行うことがあります。アデノイド増殖や扁桃腺の肥大によって咽頭が物理的に狭い場合はアデノイド切除術や扁桃摘出術を行っています。肥満の影響が考えられる場合は食事指導を行っています。

急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍

咽頭痛、嚥下痛を来し、ひどい場合は開口障害や嚥下困難が起こることもあります。抗菌薬の点滴治療などを行っています。急性炎症を何度も繰り返す慢性扁桃炎の患者さんには手術加療もお勧めしています。

摂食・嚥下障害などの診断と治療

摂食・嚥下障害

むせ込みや原因不明の発熱、繰り返す肺炎の原因となっている可能性があります。耳鼻咽喉科で行う内視鏡検査は手軽に、いつでも、どこでも、繰り返し施行できる利点があります。当科では咽喉頭内視鏡による嚥下機能評価を行った上で摂食・嚥下指導を行っています。
摂食・嚥下障害
 

喉頭科:急性喉頭蓋炎、声帯ポリープ、喉頭腫瘍、喉頭麻痺などの診断と治療

急性喉頭蓋炎

喉頭蓋は食物が喉頭・気管の方に入らないようにするふたのような部分です。この部分が炎症で腫れると呼吸困難や窒息のおそれが出てきます。入院して抗生物質やステロイド薬などの早急な治療を行います。気道狭窄があれば速やかに気道確保術を行うことがあります。

声帯ポリープ
 
声帯ポリープ
声帯にポリープがあると声帯がきれいに閉じず、声嗄れが起こります。音声治療などの保存的治療では改善しない場合は、顕微鏡下の手術でポリープを切除します。



 

頭頸部外科:耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、頭頸部腫瘍などの診断と治療

頭頸部腫瘍

頭頸部腫瘍の主な発生部位は口腔、咽頭、喉頭、鼻・副鼻腔、唾液腺、甲状腺、リンパ節などです。耳下腺や顎下腺、口腔や鼻腔の良性腫瘍に対する手術加療を積極的に行っています。また悪性腫瘍と診断した場合は、手術治療、放射線治療、抗癌剤治療などの中から最適と思われる治療を提案します。また癌性疼痛や精神面のケア、サポートを緩和医療専門チームが行います。栄養管理や退院支援といった専門チームとともに診療に当たります。
 

2020年1月~12月 主要手術実績(手術患者数262人 のべ手術件数405件)

咽頭手術
144件
扁桃摘出術             88件
アデノイド切除術           56件
鼻副鼻腔手術
167件
鼻中隔矯正術                    56件
内視鏡下鼻副鼻腔手術    49件
粘膜下下鼻甲介骨切除術     39件
後鼻神経切除術                 18件
鼻副鼻腔腫瘍摘出術             3件
その他           2件
耳科手術
30件
鼓膜チューブ挿入術   15件
鼓膜形成術                       2件
鼓室形成術         4件
先天性耳瘻官摘出術           8件
耳介血腫除去術       1件
口腔手術
27件
唾石摘出術                     3件
口腔腫瘍摘出術                17件
舌腫瘍摘出術                     7件
頸部手術
9件
頸部リンパ節摘出術            5件
頸部腫瘍摘出術      2件
気管孔手術        2件
唾液腺手術
3件
耳下腺腫瘍摘出術       2件
顎下線腫瘍摘出術       1件
喉頭手術
22件
喉頭腫瘍摘出術(直達鏡)    21件
喉頭全摘出術        1件
悪性腫瘍手術
3件
鼻副鼻腔悪性腫瘍摘出術     1件
舌悪性腫瘍摘出術      2件
 

2019年1月~12月 主要手術実績(手術患者数295人、のべ手術件数478件)

咽頭手術
187件
アデノイド切除術        72件
口蓋扁桃摘出術         112件
中咽頭腫瘍摘出術    3件
扁桃周囲膿瘍切開術   5件
鼻副鼻腔手術
194件
鼻副鼻腔腫瘍摘出              4件
後鼻神経切断術                 25件
鼻中隔矯正術                    68件
粘膜下下鼻甲介骨切除術     50件
内視鏡下鼻・副鼻腔手術     47件
耳科手術
19件
鼓室形成術                       2件
鼓膜切開術・チューブ留置  42件
先天性耳瘻孔摘出              1件
口腔手術
10件
舌腫瘍摘出                    6件
口唇腫瘍摘出                 2件
頬粘膜腫瘍摘出              1件
唾石摘出術                    1件
頸部手術
13件
リンパ節摘出術               7件
甲状舌管のう胞摘出術      2例
頸嚢摘出                        2件
唾液腺手術
6件
耳下腺腫瘍摘出   4件
顎下線腫瘍摘出   2件
喉頭手術
15件
喉頭微細術    15件 悪性腫瘍手術 舌癌      1件
口腔癌   1件