卒業式[式辞]このページを印刷する - 卒業式[式辞]

式辞
 
 本日本校を卒業される皆さん、卒業、誠におめでとうございます。また、今日まで皆さんを支えてこられたご家族の皆様にもお慶びを申し上げます。
 さて、100年に一度とも言われる世界的な新型コロナ禍において、皆さんは良く耐え、所定の教育課程を無事修了されました。昨年の4月には在宅でのオンライン講義となり、病棟実習も延期となりました。当初は、実習不足が懸念されましたが、なんとか1ヶ月遅れで実習を再開することができ、7月末までにほぼ本来の実習を行うことができました。国家試験直前の年末年始には、全国的なコロナ第3波により、通常よりストレスの多い日常を過ごされたと思いますが、全員が無事に国家試験を受けることができました。 
 新型コロナに対する有効性が期待されるワクチン接種が始まりましたが、まだまだこのコロナ禍の収束の目処は立ってはいません。しかし、このコロナ禍において皆さんが経験された様々なことは、皆さんを強くし、将来に役立つものになると思います。
 さて、皆さんの多くはこの春から念願の看護師として医療現場での第一歩を踏み出すことになります。助産師を目指し、看護助産学校に進学する方もいます。それぞれが医療人としての目標に向かって、これからも一歩一歩、急ぐことなく、その時々のライフステージに応じて、自分のペースを大切にして進んでいってもらいたいと思います。 
 これまでがそうであったように、10年後、20年後、30年後と、医療環境は必然的に大きく変わっていくでしょう。少子高齢化、人口減少、地球環境変化に伴う自然災害の増加、新興感染症の出現などが危惧されています。一方で、医学・医療の進歩、ITやAI 、ロボットなどに代表されるテクノロジーの進歩に大きな期待が寄せられています。これまでの大量消費社会から、人と環境、もっといえば地球に優しい持続可能な社会への転換の機運が一層高まりつつあります。これからも世界はきっと、私たちの予想を超えてどんどん変わっていくことでしょう。しかし、私たち医療人はどのような時も、人の健康と生命を守ることを本分とし、人や社会に貢献できることに変わりはありません。
 これからも自分を大切にしてください。そして良き友人、同僚、師に出会う努力をしてください。これからも看護師、医療人として常に学び続ける努力をしてください。自分で考えることを大切にしてください。看護師をめざそうと決めた時の初心を、本校の卒業生であることを忘れないでください。そうすれば、将来、医療環境がどのように変わろうとも、皆さんはきっと対応していけるはずです。
 夢と希望を持って、自分を信じて、人生を実りあるものにしてください。時には疲れたと感じる時があるかもしれません。そのような時は、しばし休息をとってください。自らが人生を重ねてゆくことで、看護師、医療人としての自信と誇りが、水が自然としみこむように少しずつ養い育まれていくことでしょう。
 最後にこの場をかりて、本校の教職員、病院関係者の皆様に学校長として深謝致します。例年になく困難を伴うこのような状況下において、教育、実習、進路指導にご尽力いただきました。そして、卒業生がこの日を迎えることができました。ありがとうございます。
 さあ、卒業生の皆さん、いよいよ可能性に満ちたあなたたちの新しいステージの始まりです。皆さんのご健闘を祈念しております。本日は誠におめでとうございます。

         令和3年3月5日
                      独立行政法人国立病院機構高知病院附属看護学校
                                  学校長  先山 正二